使いやすい(よく使う)アセット一覧

3D モデル (Mecanim Ready Humanoid)

注意:アセットストアでダウンロードできるものでも、古い3DモデルなどではMecanimに対応しておらず、Avatarなどが付いていないものもあるので見つけたものを使う時は注意すること。説明に "mecanim ready" "fully rigged" などと書いてあるものは大体使えるので、試す時は説明 (description) もチェックしましょう。

3D アニメーション (Humanoid)

Asset Store からカテゴリ: 3D - Animations を選び、Pricing に Free Assets を選んでそこから探すとよい。
なお、Huge FBX Mocap Library part 1~3 はスポーツなどのアニメーションも含まれるが、とにかくサイズが大きいので作業中のプロジェクトにインポートするのではなく、別のプロジェクトにインポートし、必要なものだけ自分のプロジェクトにコピーしましょう。アセットにはどんなモーションが入っているかのリストも含まれているので、必要なモーションを探す時に活用しましょう。

3D モデル(屋内)

2D キャラクター

その他

  • Standard Assets 最もよく使われるアセット。Unity 2019 以降ではエラーが起きるのでこちらこちらの方法で修正する。
  • Free 2D Mega Pack キャラクターのスプライトとスプライトアニメーションが主だが、背景やサウンドなども含まれている
  • 2D Sprites pack Unity 公式のスプライト集
  • UMotion Community - Animation Editor 無料のアニメーションエディター。人型でない場合はこれでも問題ないかもしれないが、人型 (humanoid) のアニメーションを作る場合は IK を使えないと大変なので有料版の UMotion Pro を使うとよいでしょう。このアセットは有料ですが、作ったアニメーションはアセットがなくても動くので、プロジェクトを提出する際もアセットを含める必要がありません。
  • Unity Particle Pack パーティクルシステムのエフェクトがセットになっている。サンプルシーンを動かすといろいろなサンプルがどのように動くか見られる。

タイルマップ

素材サイト

ビジュアルノベル

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です